ハイライトのパウダーをチークブラシに

結構たくさんの人が「なんとなくつけているだけ」のチークですが、簡単なテクニックで

うまくつけられるんです。

まず、チークを含ませたブラシを頬に乗せる際、必ず一度、粉を落として下さい。

チークの蓋や手の甲、ティッシュなどに、筆の表裏を一回ずつ当ててから、頬に

乗せるようにすると、つけすぎることもなく、色むらもできにくくなります。

 

乗せる場所は「笑った時に一番高い位置」「ほお骨の少し下」「耳の上部から小鼻を

つないだ線上」など、いろいろ好みはあると思います。

ただ、ふんわりとチークを乗せたらそれで終わりにしている人が多いのではないでしょうか。

 

ここからがテクニック!

乗せたチークの上下に、そのチークよりも薄い色のフェイスパウダーを乗せるように

してください。

 

私はハイライトのパウダーをチークブラシに取って、つけています。

こうすることでチークが際立ち、メリハリもでるし表情がはつらつとして見えます。

たったこれだけなのですが、大きな変化があるので、是非試してみて下さい。

Designed by CSS.Design Sample