ファンデがよれることなく、キレイにのります

朝晩は涼しくなって過ごしやすくなってきたものの、まだまだ日中は日差しも強く、残暑が厳しいですね。

夏を乗り越えたお肌は、強い日差しや日焼け止めなどの影響もあり、疲れ切ってしまっています。

放置しておくと、トラブル肌の原因に!

 

そんなお疲れ肌を、輝かせる化粧テクニックをご紹介します。

とはいっても、私の自己流テクニックなのですが、これでいつも肌トラブルなしなので、試してみてください!

 

まず、大切なのは、土台となる下地です。

 

特別なものは必要ありません。

 

まず、化粧前の保水をしっかりすること。

お肌に最初からヨレがあると、どうしてもその部分に下地やファンデが入り込んでしまい、キレイにみえません。

必ず、化粧水をしっかりして、そのあとにフタをする乳液やクリームで、肌のキメを整えましょう。

 

しっかり土台ができれば、ご自分の下地やBBクリーム、またはファンデーションを塗ります。

疲れた肌に、オススメの塗り方としては、手のひらに少量をだし、同じ分量の保湿クリームを混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたファンデを、塗り広げるのではなく、手のひら全体に伸ばし、顔全体を覆うように優しく押し広げます。

 

このテクニックであれば、ファンデがよれることなく、キレイにのりますね!

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Designed by CSS.Design Sample